今使っているネット回線を、ソフトバンク光に乗り換えるなら、新規か乗り換えか、どちらがおとく?

光回線サービス業者は、顧客獲得のため、いろんな特典やサービスをエサに、自社の光回線を利用してもらおうと死です。

では、新規で契約するのと、乗り換えで契約するのとでは、どちらの特典の方が多く、また、トータル的に、どちらが安く契約できるのか?

ソフトバンク光を利用するなら、新規か乗り換えか、どちらで契約した方が良いのかについてお話します。

 

<目次>
・ソフトバンク光なら新規契約か乗り換えか!どっち?

・ソフトバンク光と他社との乗り換え特典比較!

・光回線使用で月々支払う料気を比較!

ソフトバンク光なら新規契約か乗り換えか!どっち?

ソフトバンクの携帯を利用している人で、おうちで使っているネット回線が、ソフトバンクでない方は、断然ソフトバンク光に乗り換えた方がお得です。

しかし、契約内容によって、代理店から提供される特典が違うため、新規契約で契約するか、乗り換えで契約するかで、どちらがとくか変わってくるのです。

そこで、、新規契約か乗り換え契約か、どちらがお得かについてお話しましょう。

 

まず、新規契約か乗り換え契約かの区別についお話します。

新規契約の概念は、引っ越しなどで、新たに契約する方や、今使っているネット回線が、フレッツ光でない方を対象とします。

また、乗り換えの概念は、フレッツ光を利用している人で、このサービスを「転用」といいます。

「転用」とは、フレッツ光を利用している方が、そのままフレッツ光の回線を利用し、ソフトバンク光などの光コラボレーションモデルに切り替えることです。

ですから、「転用」で乗り換えれば、フレッツ光の回線をそのまま利用してソフトバンク光と契約できるのです。

今使っている配線をそのまま使えるのですから、当然初期費用は安くなるでしょうね。

 

しかし、実際はそれほど初期費用は変わらないのです。

 

なぜでしょうか?

 

それは、他社の光回線を使う時は、既存の配線を撤去しなくてはいけないし、契約期間によっては、違約金を支払わなくてはいけません。

しかし、その配線撤去費用や、違約金までソフトバンクが補てんしてくれるのです。

さらになんと、キャッシュバックという特典があり、その特典は、転用よりも新規契約の方が高く設定されています。

ですから、最終支払う初期費用は、新規契約した方が安くなるという、変な現象になるのです。

 

新規契約のデメリットは、申し込んでから開通するまで時間がかかるということです。

 

しかし、今使っているネット回線を、ソフトバンク光が開通するまで使っていれば、特に不便はありません。

ですから、特典内容によって新規で契約した方が初期費用が安くなる場合もあるのです。

 

特典の内容も、代理店によって違います。

よく特典内容を確認して、新規契約がお得か、転用がお得くかを精査しましょう。

 

では、おすすめの代理店を紹介します。

代理店で違うのは、先程言ったように、キャッシュバックの金額です。

では、おすすめの代理店を紹介します。

代理店で違うのは、先程言ったように、キャッシュバックの金額です。

ですから、キャッシュバックの多い代理店が一番有利といえます。

 

他社フレッツから乗り換えで契約なら【ヤフー株式会社】
・転用の場合:20,000円
・新規の場合:20,000円

>>ヤフー株式会社の乗換え公式サイトはこちら→

 

新規契約及び他社回線から乗り換えで契約なら【株式会社アウンカンパニー】
・転用の場合:13,000円
・新規の場合:30,000円

>>株式会社アウンカンパニーの乗換え公式サイトはこちら→

 

上記のように、他社フレッツから乗り換えで契約なら【ヤフー株式会社】で、新規契約及び他社回線から乗り換えで契約なら【株式会社アウンカンパニー】がおすすめです。

もし、信用や安心で選ぶなら、【ヤフー株式会社】がおすすめです。

では次の項で、ソフトバンク光乗り換えキャンペーン特典に関するご注意点についてお話します。

ソフトバンク光と他社との乗り換え特典比較!

では、光コラボ加入サービス業者へ乗り換えた場合の特典についてお話します。

【ソフトバンク光の場合】
おうち割 光セット スマホ違約金還元キャンペーン:他社契約解除料の証明書を貼付けした専用貼付シートのご返送で、他社のスマホ・ケータイの解約違約金相当額の10カ月間分を通信料金から割引。

SoftBank あんしん乗り換えキャンペー:他社回線からの乗り換えで発生する、違約金・撤去費用を最大10万円キャッシュバック。

softBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック:新規で契約での、回線工事費用を最大24,000円キャッシュバック。

西日本フレッツ・光プレミアムサービス終了5,000円商品券プレゼント:西日本フレッツ光から乗り換えの場合、5,000円商品券プレゼント。

キャッシュバック特典:新規で契約:30,000円・転用(自社転用は不可):20,000円での、ソフトバンクの光回線に乗り換えの方に現金をキャッシュバックされます。

【NURO光の場合】
NURO光は、違約金の補てんサービスがありませんが、その分、キャッシュバックでまかなっているようです。

トータル的な初期費用には変わりはないようです。

公式代理店サイトはこちら→超高速2Gに乗り換えチャンスNURO光キャンペーン中

【auひかりの場合】
auひかりも違約金や工事撤去費用といった、補てんサービスはありませんが、ネットと電話を同時に契約すればで、キャッシュバックが54,000円受け取れますが、既存の違約金や工事撤去費用がある方は不利になります。

公式代理店サイトはこちら→【auひかりキャンペーン】

【ビッグローブ光の場合】
ビッグローブ光は、キャッシュバックのみと、工事撤去費用無料とキャッシュバックから選べる方式をとっています。

光回線を乗り換えた場合のプロバイダーの特典を比較してみましたが、初期費用に関しては、それほど金額的には変わりません。

引っ越すなどで、新規に加入する場合は、auひかりなどのキャッシュバック54,000円が魅力的ですが、月々に支払う費用も考え判断したいですよね。

そこで、次の項で、各プロバイダーに支払う月々の費用の比較についてお話します。

光回線使用で月々支払う料気を比較!

光回線の月々に発生する費用も比較しておきたいですよね。

そこで、月々プロバイダーに支払う金額について比較してみましょう。

戸建てとマンションと発生する金額が違うので、分けて比較してみます。

【ソフトバンク光の場合】
(戸建て) :52,000円
(マンション):3,800円

【ビッグローブ光の場合】
(戸建て) :4,980円
(マンション):3,980円

【nifty光の場合】
(戸建て) :4,510円
(マンション):3,490円

【ぷらら光の場合】
(戸建て) :4,800円
(マンション):3,600円

以上が、各プロバイダーの光回線を利用した月額費用です。

 





このページの先頭へ